みすぼらしい服装で宝くじを買います。

給料日は持っている中で、一番みすぼらしい服を着て銀行へ行きます。自分なりの防犯対策です。銀行に着いたら最初に1,000円のみATMで宝くじを買います。このとき、当選金が自動で口座に振り込まれるものを選びます。次回の給料日に来店するまで発表は見ず、知らぬ間にお金が増えていたらいいなと想像して楽しみます。今まで900円当たったのが最高金額です。増えるどころか毎回減ってしまいます。でも、この楽しみだけは止められません。

給料払い込み口座は断然ネット銀行

“我が社のお給料は二つまで口座を分けて振り込むことができます。男性社員などは、五万円だけ内緒の口座に分けて、その残りを奥さんが管理している口座に振り込まれるように細工しているそうです。
私も二つのネット銀行に分けています。ひとつは光熱費や通信費やクレジットカードの引落口座に五万円、残りを別の口座にしています。お給料日の出勤前にコンビニのATMに行き、一ヶ月に必要な金額を全額下ろします。一ヶ月に4回まで手数料が無料ですが、たびたび下ろしているとキリがないので、毎月給料日に下ろすと決めています。ネット銀行の良いところは、金融機関や月によって異なりますが、私の利用していところは、給料日前夜の夜中0時を回って日が変わったらすぐに着金し、メールで知らせてくれるところが便利です。”

給料日=返済日

給料日はうれしい半面、すぐにお金がなくなってしまう日でもあります。そう、返済日なんです。しかもおまとめローンでまとめた金額なので、結構デカイんですよ。でもまとめたことでだいぶ楽になりましたけどね。早く完済して借金がない生活に戻りたいです。借金してしまったのは事故を起こしてしまい、保険に入ってなかったからなんですね。保険は大事だと痛感しました。

給料日は大忙し

給料日は毎月大忙しです。我が家は入金される前から金額が分かっているので、パソコンの家計簿に金額を入力して予算との差額確認。プラスだと何の問題もないのですが、マイナスだとさぁ大変!カードや公共料金の引き落としはもちろん削れないので、それ以外のどこから削るか大奮闘です。で、何とか収入内で収まるようにできたら当日を待つばかり。いざ入金されると各引き落とし口座へ振り分けをしないといけないので、給料日当日はほぼ銀行や郵便局のはしごです。そんな風に毎月頑張っているのですが、たまぁ~に金額を間違えて、督促状が来てしまったことがあります。届いたときはめちゃくちゃ焦りました。今後融資が受けられなくなるんじゃないかと思ってビクビクしながらカード会社に電話したら『よほど悪質じゃない限りそんなことにはならないですよ』と軽く言われてしまって、胸をなでおろしたことがあります。

給料日・・・それは新たな戦いが始まる日・・・

“私の給料日、それは・・・次の給料日までの戦いが始まる日です。
まず、給与明細が公開になる、給与振込5日前。朝から今か今かと更新ボタンを連打。すぐに金額を確認し、各種支払いができるかどうか、電卓をたたきます。少し残れば御の字、足りない時は支払先に相談、借りられるところを探すなど金策に走り、当日を待ちます。
そして給与振込当日。朝イチで全額を引出し、昼休みにATM・CDをはしごして各種支払いを済ませ、一安心。しかし手元には数千円しか残らず・・・・。
そうしてまた、できるだけカードは使わず、手元のお金も残すための、あらゆる欲との戦いが始まるのです・・・。”

給料日に歯科矯正

歯科矯正はずっと前からやりたいなーと思っていました。しかし、ボーナスもないうちの会社では、なかなか難しいです。安月給だし。それに今更転職してももっと給料が下がるだけだろうし。給料日その日が歯科矯正に行くチャンス。でも給料だけでは100万円を超える費用は賄えるはずはなく。だからデンタルローンで歯科矯正したらいいんだと気づきました。ということでこれから歯科矯正を頑張りたいと思います。